オールインワン

オールインワンゲルってどんな成分?

オールインワンゲルとよく耳にすることがありますが、どんな成分なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

オールインワンゲルとは

オールインワンゲルとは化粧水・美容液・クリームなど洗顔後のケアが一つで済ませられるものを指しています。

オールインワンジェルやオールインワン化粧品などと呼ばれることもありますが、すべて同じです。

一つあればスキンケアが完了するので、忙しい人にはおすすめのアイテム。

しかも一つ購入するだけなので、コスメを一つ一つ買うよりも費用を抑えられるので節約にもなります。

オールインワンゲルに含まれている成分

オールインワンゲルには美肌効果があるもの、潤いアップが期待できるもの、エイジングケアができるものなどいろいろあります。

オールインワンゲルに含まれている成分は通常の一つ一つのコスメに含まれている成分と同じものです。

では、どのような成分が入っていると求める効果を得ることができるのかを見ていきましょう。

保湿を求めるならセラミドやヒアルロン酸

しっとり肌になりたいなら保湿を重視しましょう。潤いが足りないと、肌が乾燥してシワが増えてしまいます。

セラミドやヒアルロン酸は肌の角質層に潤いをもたらします。

これらの成分が入っていると、保湿効果が高いです。馬油が配合されているものもおすすめです。馬油は浸透性が高く保湿性もあるので、潤いが増します。

エイジングケアがしたいならコエンザイムQ10やフラーレン

エイジングケアをしていきたいなら、コエンザイムQ10やフラーレンの成分が配合されているものが良いです。

肌のハリがアップする効果が期待できるので、たるみやシワの軽減ができるでしょう。

また、抗酸化成である抗酸化ビタミンCが配合されているものもおすすめです。

敏感な肌の人は低刺激を

敏感な肌質の人は低刺激と表示のあるオールインワンゲルを選びましょう。敏感な肌の人は含まれている成分によって刺激を感じ肌に異変が生じてしまいます。不要な成分無添加であればなお良いです。

合成界面活性剤・香料・アルコール・パラペン・鉱物油などが履いていないものを選ぶ容易にしましょう。

まとめ

オールインワンゲルはそれひとつで、化粧水、美容液、クリームの効果を感じることができる化粧品です。いろいろな種類のオールインワンゲルがあります。

自分の希望する効果をもたらしてくれる成分が入っているかを確認してから購入すると、満足できる使い心地となるでしょう。